Route 66 in Illinois
 
= Gillespie =
<<WEST       EAST>>
Macoupin Country  Wikipedia はこちら  関連 HP はこちら  Gillespie の鉄道に関してはこちら
 


その昔 Gillespie には幾つかの石炭鉱山があって、その鉱山で繁栄した町で、 1875 年に鉄道が開通、1879 年には立派な駅舎もできていた。
 

街のランドマークの給水塔
2015年6月撮影
 

今の街並み
2015年6月撮影
 
鉱山労働者の組合が作られ、そのショップが、1914 年にイリノイ州で初めて出来た町。全盛期の 1930 年代には約 6000 人の人口も、 今は 3000 人程になっている。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ Miners Co-operative Store ■ ■
Spruce とMacoupin St. の南西角 Gillespie IL  関連 Website はこちら
 
 

今も残る建物
2015年6月撮影
 
the Gillesie Cooperative Society が、鉱山労働者のニーズに応じてオープンしたショップで、労働者の選挙の日の 1914 年 12 月 8日 に正式オープン。 この日は、スコットランドのバグパイプのバンドが、式が終わるまで演奏し続けた。
イリノイ州で初めての鉱山労働者の共同組合のショップで、 今でも Spruce St. と Macoupin St. の南西角に建物はある。 2 号店は Springfirld にオープンしている。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ The Illinois Coal Museum at Gillespie ■ ■
Website はこちら  Facebook はこちら
石炭産業の遺産を保存し、それを伝えることを目的とした Museum で、 ここの鉱山関連の情報は重要で、地元、郡、鉱山会社、州の記録として利用されている。展示内容は 1880 年代から現在に至る Illinois の石炭鉱山の発展の歴史が大半。

2015年6月撮影

室内の展示 2015年6月撮影

当時の道具を展示 2015年6月撮影
 
1870 年代の人口 600 人の村から、6000 人の石炭鉱山ブームになった当時の個人的な話だけでなく、 Gillespie の新聞からの多くの情報は、 単に採炭のブームと言うだけでなく、 この街の豊かな歴史に深く根付いている。 石炭無しでは鉱山も、鉱山労働者も、Gillespieも存在しなかったろうし、 19 世紀、20 世紀初頭の目覚ましいアメリカの発展も、石炭でなされてきたし、 その石炭はここからだった。 石炭産業の未来を改善するためにも、過去を学ぶ必要がある。
Route 66 ブログ はこちら
" Coal Mine Safety and First-Aid ",” Superior Coal Co. Mine Rescue Station " に関してもブログ内に記載。
■ ■ Cannna Theater ■ ■
108 E Chestnut St Gillespie, Illinois   関連Websiteはこちら  facebook ページはこちら
1921 年に “ the Pert Theater “ としてオープン、 1928 年、603 席の the Pert Theater として再オープンした。 1930 年9月からは the Frisnia Amusement Co. が再構築した the Lyric Theater として知られる。 Frisnia は 1953 年に the Lyric Theater を閉じ、 John Crawford の “ Autumn Leaves “ で 1956 年 10 月 18 日に the Cannna Theater として再開。 以降 the Canna Anna civic organisation が運営している。

 

2015年6月撮影
 
最近 Lyric Theater と名前を変えたが、2003 年に Gillespie 市へ寄贈され、 コンサートホールとして利用するために改修された。 2007 年新しい管理によってリースされ、名前を Canna Theater へと戻し、 5月18日に “ Shrek the Third “ でオープンし、 以降 映画上映をやっていたが、 2016 年に閉館した。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ the Colonial Theater ■ ■
Main Street, Gillespie, IL   関連 Website はこちら&こちら
1920 年初めにオープンし、Wesstley Brothers が所有していた。 1928 年州で最も大きなシアターオルガンがあり、 1929 年に、Gillespie で最初のトーキー映画 “ Shopworn Angel “ の上映をやった劇場だったが、1930 年には閉館。ライブやプレゼンテーションに使用し、時に映画の上映をやるように変えた。
1940 年の初めには the Fristina Amusemwnt Co. が運営する街で唯一の劇場としてリストアップされ、 600 席の the Film Daily Yearbook に掲載されもしたが、 1945 年にクローズ。 Frisina は又 Gillespie の他の the Lyric ( Canna Theater ) をも運営していたが、 The Colonial Theater は取り壊された。
鉱山運動の会場としても重要な役割を果たした劇場。 1932年9月1日:約3万人の鉱山労働者が参加した the Progressive Miners of America 設立の為のコンベンション開催。 1933年2月;the Progressive Miners of America が コンベンションを開催し、 州内の 200 人以上の鉱山労働者と代理人が参加。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ その他の見どころ ■ ■
Gillespie City Hall、Post Office ; 小さな建物だけど重要!
SS Simon & Jude Cathoric Church ;1879 年からの素晴らしい教会。
 
<<WEST EAST>>
Gillespie/Illinois  2016/08/12  route66jpinfo