Route 66 in Missouri
 
= Newburg =
<<WEST EAST>>
Phelps County  Wikipedia はこちら
今の Route 66 からはちょっとそれるが、重要な場所で、 その昔 Route 66 が走っていた、と言われているが、諸説あり。 美しい Little Piney River の土手沿いの風光明媚なくつろげる場所。 田舎町なのに the National Register of Historic Places が何軒かあり、古き良き時代に戻れる町。

 

1883 年、Newburg は鉄道基地として、 St.Louis & San Francisco Railway が作った街。 複線が敷かれ、鉄道の部品供給の為の基地として、 Burlington Northern Railroad が頻繁に利用していた。
鉄道の需要もあり、1867 年に鉄鋼業 Ozark Iron Works が創業したが、1877 年に倒産。 1880 年に the KnotwellIron Company が、その施設を利用しようとしたが、 すぐに鉄の価格が下落し始めたので、中止。 第二次大戦後は、鉄道は石炭からデイーゼルエンジンに変わり、 長距離輸送も車になり、町も段々寂れていった。 今は古い駅舎の近くに 「Frisco」 の貨車が 1 台と廃墟が残っているだけ。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ John's Modern Cabins ■ ■
Sugar Outer Road U.S.Route 66 Newburg MO   Wikipedia はこちら  関連 HP はこちら&こちら
 

Newburg の町外れ、old Route 66 沿いのモーテルの廃墟。
1931年 Beatrice & Bill Bayliss が 6 キャビンの 「Bill and Bess’s Place」を開くと、不況の時代に安いモーテルで人気だった。
10年 後、第二次世界大戦にアメリカが参戦。 軍の施設に近いので、地域の家は軍のために使用される事になったので、彼らはモーテルを売ってしまった。
その後 時代も変わり、1951 年に John と Lillian Dausch が $ 5000 で購入。 すぐに 「John’s Modern Cabin」 を始めたが、 1957 年の Route 66 の拡張工事で、ダンスホールは撤去、モーテルも移動させねばならず、近くの Vemell’s Motel もこの時レストランとガソリンスタンドを壊してしまった。

 

廃墟に残る看板
2016年6月撮影
 

少しづつ朽ち果てていくキャビン。
2016年6月撮影
 

忘れ去られたような警告板
2016年6月撮影

1965 年に U.S.Route 66 から離れてバイパス I-44 ができると、 old Route 66 沿いの John’s Modern Cabins や他の小さな商売には致命的となり、 バイパス化の後すぐに妻の Lillian が亡くなると、John はモーテルを閉めてしまった。 彼自身も 1971 年に亡くなり、モーテルはその後廃墟となってしまった。
 

砂利の山が積まれた old Route 66。
2016年6月撮影

St.Charles Missouri の Loretta Ross が 1976 年にここを買ったが、 計画はすぐに潰れ、廃墟はそのままに。 Ross 家はこの不安定な建物の取り壊しを考えていたが、 2002 年に保存運動家達に反対され、 その後 「Route 66 Magazine」 やネットにこのことが載り、 話題となったが、何もなされなかった。 「John’s Modern Cabin News」 が発行されていた事も。 建物は荒廃が進み、道も荒れ放題だが、写真を撮りに来る人たちは後を絶たない。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ Vernelle’s Motel ■ ■
10891 Sugertree Outer Road Newburg MO  Website はこちら
1930 年代末に E.P.Gasser が建て、「Casser Tourist Court」 と言う名前で、 モーテル、ガソリンスタンド、ギフトショップ等をやっていた。 1950 年代の初めに Gasser の甥の Fred と妻の Vernelle が買って、増築し、 名前も 「Vernelle’s」 として、ステーキやフライドチキンなどのレストランも開き、 Route 66 の旅人達に人気だった。
1957 年、Route 66 が 4 レーンになるのに対応して、北へ数 feet 移動させ、 この時レストランはやめたが、モーテルはその後も営業。 元々あったネオンサインも Route 66 の仲間達が塗りなおしてくれて健在。
 

砂利の山が積まれた old Route 66。
2016年6月撮影
 
1930 年代末からずっとフレンドリーなサービスとリーズナブル料金で Route 66 の旅人達に親しまれてきた。 ここは忙しい現代の世の中から、古き良き時代に戻れる所で、 Wifi、電話もなく、リモコンも使えない古いテレビがあるだけ。今のオーナーの Ed Goodridge と彼の相棒 Fox は当初からと同じこのやり方をずっと続けている。 日の出と共に起き、自然の中での散歩は生き返ったような素晴らしい時間となるはず。
Route 66 ブログ はこちら
 

Motelのすぐ隣にあるAntique Shop。
2016年6月撮影
■ ■ Community Theater ( Lyric Live Theater ) ■ ■
117 First St. Newburg MO  Websiteはこちら  関連 Website はこちら
1919 年に Newburg で 1 軒だけの Theater としてオープンし、 映画やその他のイベント等に利用されてきた。 1925年頃、” Lyric Theatre “ へと名前を変えたが、 1939 年に改修し、再度 “ the Newburg Theater “ に変え、 1942 年までに又 “ the Lyric Theater “ とした。

市民や Christian Church が利用したりだったが、 その後 1955 年に映画館としてはクローズ。 1983 年に “ Live Stage Theater “ として再オープンし、 2005 年に名前を “ the Lylric Live Theater “ に変え、 以降は “ Community Theatre “ として公的なイベントなどに利用。 The National Register of Historic places に指定されている。
Route 66 ブログ はこちら

 
■ ■ Sullivan Hotel ■ ■
1 East 1st Street, Newburg, MO ( Community Theater の隣の建物 )   関連 Website はこちら
US I-44 から約 3 mile の距離で、 正面に Mark Twin Forest Park が見渡せる絶景の地にある。 1884 年に建てられたが、2010 年から 2011 年にかけて全面改装され、 B & B の部屋が 10 室、40 席のダイニングルームもあり、今売出し中。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ Houston House ■ ■
101 & 103 E 1st. Newburg MO   1884 年〜  関連 Website はこちら  
William H.Harris 家が所有し、約一世紀後に持ち主が変わるまで、子孫が使っていた家で、かつては鉄道の下宿屋、ホテル、レストランだった。
今は非営利団体の the Newburg Community Revitalization Proglam Group (NCRPG) が所有運営。 Community Center として利用しており、一年中 11;30〜13;30 毎週木曜日にスープキッチンを主催していて、食事やデザートをふるまう。 年間を通じて、他の多くのコミュニテイの活動、教育セミナーなどを開催している。 ここは幽霊が出るということでも有名。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ Children’s Museum ■ ■
120 Water St Suite B, Newburg, MO  Websiteはこちら  facebook はこちら
2008 年にオープンした Houseton House の裏にある子供と全世代向けの Museum。 Springfield と St.Louis 間の Natural History Museum としても注目すべき Museum で、 太古の時代からの発掘品や、地域の特徴的なものを展示。 子供たちが自分たちの目標に向けて実践的な活動が出来るように、との目的で運営されている。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ City Hall ■ ■
191 Main St. Newburg MO
図書館も兼ねている町役場で、素朴な建物がとても印象的。 1884 年、Frisco 開通時の建物の横の壁画が有名。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ Gourd Creek Cave Archeologocal Site ■ ■
The National Register of Historic places に指定
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ Ozark Iron Furnace Stack ■ ■
2 miles West of Newburg MO  関連 HP はこちら
鉄の溶鉱炉に使われた石作の建物の一部の 2 棟が残っている。 Newburg に鉄道の部品を作る鉄の製錬所があった 1870 年頃の残骸。 近くには働く人達の宿舎などもあったけれど、 60 年代末の火事で焼けてしまって、残ってはいない。 ここは今個人所有となっているが、許可を取れば見せてもらえる。 The National Register of Historic places に指定されている。
Route 66 ブログ はこちら
   
<<WEST EAST>>

Missouri  2016/07/26  route66jpinfo