Route 66 in New Mexico
 
= San Fidel =
<<WEST       EAST>>
Cibola County  Wikipedia はこちら
San Jose 川 に沿った old Route 66 沿いのヒスパニック系の小さな村で、 過去 700 年以上前から、Pueblo の人達が川の谷に住んで、農業を営んでいた。
1821 年、Mexico から独立したが、Mexico-America 戦争( 1846 年 〜 1848 年 ) に敗れ、America 領土となった。 1868 年 町が出来たが、 1910 年 〜1919 年に出来た郵便局は Ballejos という名前だったが、 後に San Fidel と言う名前に変えられ、町の名前となった。 Fidel と言うのは二人のスペインの聖人の名前で、Fedelis はラテン語で “信心深い”、”忠実”、”誠実”の意味がある。
フランシスコ派の修道士が南西部へと来たときに、教区が作られ、 1920 年に St.Joseph Church ( New Mexico Highway124 沿いにある ) が、建てられた。
 

周りは溶岩台地
2015年6月撮影
1926 年 " Old National Trails “ が Route 66 となり、 San Fidel を通る事で、町は発展していく。 車関連のショップ等がたくさんあったが、 Route 66 の衰退と共に寂れていき、 今あるのは、St Joseph’s Catholic Church、Acoma Curio Shop と、1910 年代よりずっと続いている郵便局くらい。 Whiting Brothers Gas Station と Acoma Curio Shop の廃墟がランドマークとなっている。
Route 66 ブログ はこちら
■ ■ Whiting Brothers ■ ■
関連 Website はこちら
McCartys と San Fidel の間、EXIT 69 近くにある Whiting Brothers のガソリンスタンドの廃墟。 以前は Motel、ガソリンスタンド、カフェなどの営業をしていたが、 火事で閉店してしまった。
 

2015年6月撮影
 

2015年6月撮影
Whigting Brothers はガソリンスタンドのチェーン店で、 往時は Route 66 沿いだけでも 60 箇所ほどあったが、今はほとんどが廃墟となっている。 大きな黄色の下地に赤の字の看板がトレードマーク。
Whiting Brothers の Wikipedia はこちら
Route 66 ブログ はこちら

廃墟となったガソリンスタンド。
2015年6月撮影
■ ■ Acoma Curio Shop ■ ■
1090 NM 124 ( Route 66 ) San Fidel NM  関連 Website はこちら  関連 Website はこちら
ここらは 1912 年に新しく州となった New Mexico へ、レバノンからの移民が急激に増えた場所で、その中の一人 Abdoo Fidel は、人口約 100 人ほどの村 Ballejos ( 今の San Fidel ) で小さな商売を始めたが、 数年以内に、町の西の端に家族との住居ともなる建物を建て、 数年間 小さなお店をやっていた。
 

Photo courtesy of ”The Road Wanderer”
http://www.theroadwanderer.net/index.htm
 
1926 年 Route 66 の開通で、通行量が著しく増えると、 Fidel は地元の Native American の工芸品の卸を始め、 1937 年には、日用雑貨の販売をやめて ” the Acoma Curio Shop “ と名付けた骨董品の小売店を始めた。
扱っている物は、地元の Acoma のアーテイストの物が主で、 中には有名なアーテイスト Lucy Lewis 、Mary Z. Chino、らの作品もあったが、 4年間お店をやって、再び日用雑貨店へと戻した。
 

ショップの看板
2015年6月撮影
 

ショップの吊り看板
2015年6月撮影
第二次世界大戦とそれからのガソリン配給制で highway の旅行者が減少したので、 アメリカの参戦後から 1942 年位までは店を閉めていたが、 その後しばらくは the Standard Oil Company へ貸し、 その後 Petzel と Trask が “ Gallery 66 “ と呼ばれるアートギャラリーをやっていたが、今は廃墟に。
この建物はレバノンからの移民とその商売の重要な歴史的建物として知られており、南西部の他の多くのアドベのとは異なる New Mexico では極めて異色の建物で、州内の Route 66 沿いに残っている幾つかの田舎の珍しいショップの 1 つで有るという事で、the National Register of Historic Places、そして US National History Landmarkに登録されている。
Route 66 ブログ はこちら
 
■ ■ St. Joseph’s Catholic Church ■ ■
New Mexico Highway124 ( Route 66 ) 沿いにある古風な Mission 様式の教会で、 小さなレンガの礼拝堂があり、二つの青い笛を吹く天使がドアの所に立っている。 フランシスコ派の修道士が南西部へと来た時に、San Fidel に教区が作られ、 1920 年に St. Joseph Church が地域の中心として建てられ、 Laguna と Acoma Pueblo の教区となり、特別な行事のときだけ使われるようになった。
 

Courtesy of Kathy Weiser,Legends of America.
http://www.legendsofamerica.com/66-main.html
 
牧師館は 1920 年代初めに作られ、長い間牧師達が住んでいたが、 1981 年 Ursuline Sisters の為の女子修道院に変わり、 今では St. Joan Antida に奉仕するシスター達が住んでいる。
 

有名なステンドグラス
Photo courtesy of ”The Road Wanderer”
http://www.theroadwanderer.net/index.htm
 
■ St. Joseph Mission School ■ 
26 School Road San Fidel NM  1925年〜  Website はこちら
1923 年に San Fidel 周辺の子供たちへ質の高い教育を提供することを目的に作られ、Acoma、Laguna Pueblo等、近くのヒスパニックの村からの色々な文化やバックグラウンドを持つ子供たちを受け入れている。
Route 66 ブログ はこちら

Courtesy of Kathy Weiser,Legends of America.
http://www.legendsofamerica.com/66-main.html
 
■ ■ San Fidel Cafe ■ ■

有名な廃墟
2015年6月撮影
Route 66 ブログ はこちら
 
■ ■ Post Office ■ ■

1910 年代からの Post Office だと。
2015年6月撮影
 

今の Post Office
2015年6月撮影
Route 66 ブログ はこちら
 
■ ■ その他の見どころ ■ ■
Zodiac Bar ; 古びた看板が沢山。
Ray's Bar ;今は廃墟に
その他の廃墟 ; 全盛期を繁栄ぶりを偲ばせる廃墟がたくさん。
 
<<WEST EAST>>
San Fidel / New Mexico  2016/03/06  route66jpinfo