Route 66 in California
 
= Needles =
<<WEST EAST>>
San Bernadino County  HP はこちら  wikipedia はこちら
Needles(針)と言う名前はコロラド川の向こう、Arizona 側にある尖った鋭い山の峰から付けられた。 西へと向かう旅行者達が、 Arizona から州境のコロラド川を超えて California に入り、 最初に出会う州境の町が Needles。 それで Ghost Town にもならずに、発展してきた。 興味深く楽しい町で、又 Route 66 にとっても重要な町。

Needles の町が出来たのは鉄道がここを通るようになった1883 年。 ここは昔から多くの Mojave インデイアン達が居住していて、 今日でもその人口は 5000 人を超す。 でも昔からの古い町並みや建物がたくさん残っているし、たくさんの映画や本の舞台ともなった。
スタインベックの名著で、ヘンリー・フォンダ主演の映画「怒りの葡萄」の中で、 オクラホマからやってきた Joad 一家が、 広告の絵葉書にあったようなオレンジや葡萄がたわわに実り、やしの木がおい茂る、と期待していた約束の地が California だったのに、 あるのは砂と風とサボテンだらけの砂漠の町にがっかりした場所が Needles。
しかし今は当時とは違い、自然が美しく、リゾートでも人気のスポット。 特に州境でもあるコロラド川はとても美しく、川遊びの施設や休憩所もあり楽しめる。

Route 66 は町の真ん中を通過しているので「Main Street」とも呼ばれていて、 ダウンタウンには長年に渡って 旅人達にサービスをしてきた古い Motel やレストラン、ガソリンスタンドなどがたくさんあり、全てリーズナブルで、雰囲気も良い。
Route 66 ブログはこちら

  東側の町の入口のある「Field Office」のボード
            2013年9月撮影。

    東側の町の入口にある「Welcome Wagon」
             2013年9月撮影。
■ ■ El Graces Hotel ■ ■
950 Front St. Needles  関連 HP はこちら   wikipedia はこちら
1908 年、Fred Harvey Company 支援の下、Santa Fe 鉄道によって建てられたホテル&レストラン。 デザインは建築家 Francis W. Wilson. によるもので、 Neoclassical と Beaux-Arts 様式の優雅な作りで、「The Crown Jewel of the Desert」と呼ばれていた。
ホテルは 1774 年にこの地を訪れた宣教師の Francisco Garces 神父の名前から取って、「El Garces」と命名される。
初期の頃、Needles への旅人達のほとんどが鉄道を利用していたので、 蒸気機関車と、多くの旅人達に必要なものを供給するために、木造の駅が作られた。 併設のホテルのレストランは有名な Harvey Girls 達が 素晴らしいサービスを提供していたので、大人気だった。

最初建てられた駅は火事で焼け、190 年に El Garces Harvey House と列車の駅が再建された。 ホテルとレストランは 1908 年から 1949 年まで開業していて、 1920 年から 1960 年まで Front St. が Histric U.S.Route 66 として利用されていたが、 Route 66 がBroadway St. の方へ移った為、Amtrak の Santa Fe 鉄道の駅も 1988 年に閉じた。
しかしこのネオクラシカル様式のホテルは歴史的ホテルとして、 2007 年に改装、再建され、2003 年の Roadside Attraction の一箇所に選ばれているし、the National Register of Historic Places に登録されている。
Route 66 ブログはこちら

優雅な姿を見せてくれる El Graces Hotel
2013年9月撮影
 

 Hotel の前の Santa Fe Park には大砲も飾られていて。
             2013年9月撮影

  Santa Fe Park の表示板。後に El Graces Hotel が。
            2013年9月撮影
 
Santa Fe Park とその周辺には、
往時の面影を残す建物や Route 66 の壁画のある建物がたくさん。
■ ■ Needles Theatre ■ ■
823 W.Broadway Needles  HPはこちら
1929 年、フリーメイソンの寺院として $12万 をかけて Masonic Lodge によって建てられた。メインフロアは1930 年に、多くのファンの為に劇場がオープン。 モダンな劇場のステージでは、 映画だけでなく、旅芸人達のパフォーマンス等の一般向けの演目が上演されていた。
1992 年の火事で全焼するまでは続いていたけれど、その後閉鎖。 今は Needles 商工会議所の所有となっていて、 1997 年から計画的に栄光の時代の歴史的劇場の再建を目指している。
Route 66 ブログはこちら

1941年、Burton Frasher 撮影の Theatre の古い絵はがき
 Kathy Weiser, courtesy Legends of America.
 the "Legends of America" text would be hyperlinked to:  http://www.legendsofamerica.com/66-main.html

2013年9月撮影
■ ■ Needles Regional Museum ■ ■
929 Front St, Needles, CA
Santa Fe Park にある Museum で、栄光の時代からの遺品や記念品などが展示されている。特に 1890 年からの Red Rock Bridge の碑板が保存され展示されているのに注目。スタッフは全てボランテイアで、親切でどんな質問にも丁寧に答えてくれる。 冬場は火曜から金曜までの 10 時から 14 時まで。夏場は同じ時間だけれど、8 月は休暇のための閉館。
Route 66 ブログはこちら

入り口の前にも Route 66 のシールドが
2013年9月撮影
■ ■ Route 66 Plaza ■ ■


Santa Fe Park の真ん前にあるショッピングモール。
通路の壁には Route 66 の壁画が。

2013年9月撮影
■ ■ 66 Motel ■ ■
91 Desnok Street, Needles,
古くからある「66 Motel」は、長年に渡って Mother Road を旅する人達をもてなしてきた。ここのおしゃれなネオンサインは有名で、Route 66 関連の本や絵葉書によく出ている。ネオンサインも看板もそのままあるが、今は Motel ではなく、アパートとなっているようで。
Route 66 ブログはこちら

        アットホームな雰囲気の 66 Motel
                2010年4月撮影

   有名なネオンサイン
      2013年9月撮影
■ ■ Burger Hut ■ ■
701 W Broadway St. Needles
古き良き時代のハンバーガーを丁寧に作っている。 赤と白の色のタイル張りが目を引くかわいいバーガーショップ。 メキシカンフーズもあるし、 ベジタビリアンの要望にもこたえてくれる。テイクアウトもOK!
Route 66 ブログはこちら
 

      Route 66 沿い。赤と白の壁が目立つ。
             2010年4月撮影
  
      オープンエアのテラスで食べても。
              2010年4月撮影

       テイクアウトはここから
              2010年4月撮影

<<WEST EAST>>
california  2014/07/22  route66jpinfo