Route 66 in Texas
 
= Groom =
<<WEST       EAST>>
Carson County  Wikipedia はこちら
1902 年に鉄道の町として出来、 名前はこの地で成功した牧場主の Colonel B.B.Groom からとって付けられた。
同年、郵便局と雑貨屋が出来、 1903 年にはショップが。1906 年には床屋、銀行、ホテル、雑貨店、学校などが出来、急成長した。
1911 年には町として独立し、20 世紀の油田ブームの影響で、町は繁栄したが、 人口が 800 人を超すことは無かった小さな町。
傾いた給水塔と巨大な十字架が有名で、 主要産業は、牛と小麦ととうもろこし。
Route 66 ブログはこちら


2014年10月撮影
 

Route 66 沿いには穀物エレベーターが。
2014年10月撮影
 
■ ■ Cross Our Lord Juses Christ ■ ■
1995年〜  HP はこちら ( 十字架が建てられる過程がすっと記録されている。)   関連 HP はこちら
 

Route 66から見た十字架。 遠くからでも圧倒される大きさ。
2014年10月撮影
 
数 mile 先からでも見える高さ190 feet ( 19 階層、約 58 m )の巨大な十字架で、北半球最大、夜はライトアップされる。 十字架の周りには関連の像がたくさん配置されている。

十字架の周りには、色々な彫刻が配されていて。
Courtesy of Daniel
http://www.takemytrip.com
 
1995 年、Texas 州 Pampa の Stene Thomas が、 I-40 に沿って巨大なポルノ広告の看板が並んでいるのに、愛想を尽かし、 聖書の言葉を引用した看板を作ろうとしたが、適当な言葉が見つからず、 代わりにこの大きな十字架を作った。 法律的な問題を避けるため、Chris Britten による寄付として、個人所有の土地に立てられている。
Route 66 ブログはこちら
■ ■ Leaning Tower of Texas ■ ■
Groom のランドマークともなっている給水塔。 最初は普通の給水塔として使われていたが、今は使われていない。
傾いているのは、近くを通る車が興味を持って、 すぐ横の Tower Restaurant、Britten Truck Stop に立ち寄らせるのがねらい。 給水塔に書かれている ”Britten” と言うのは、 今はないトラックストップのオーナーである Ralph Britten の名前で、 給水塔を買って、ここへ運び、興味をひくように、10 度だけ傾けた。 今、Britten の家族はこの地域で大きな牧場と農場を営んでいる。

 

2014年10月撮影

Leaning Water Tower のすぐ横に立つレストランとトラックストップの広告塔。 そのてっぺんには、Britten と書かれた傾いた小さな給水塔が立っている。 ここにあった Tower Lounge と Restaurant は数年前に焼けてしまって、今はもうない。 残ったこの塔も少しづつ風化していっている。
Route 66 ブログはこちら

2014年10月撮影
 
■ ■ The Grill ■ ■

立ち寄ったレストラン The Grill
西部の雰囲気たっぷり!

2014年10月撮影
 

        The Grillのおしゃれなバン。
              2014年10月撮影

        2014年10月撮影
■ ■ Groom の廃墟 ■ ■
昔はさぞかし繁栄していたことでしょう。廃墟が点々と続きます。

           2014年10月撮影

             2014年10月撮影
 

            2014年10月撮影

              2014年10月撮影

<<WEST EAST>>
Groom/Texas  2014/11/21  route66jpinfo