Route 66 in Texas
 
= Vega =
<<WEST       EAST>>
Oldahm County  HP はこちら  Wikipedia はこちら  関連HPはこちら
Vega とはスペイン語で「牧草地」の意味。

東側の町の入口に立つ Welcome Board
2013年9月撮影
 
1870 年、州が住宅地として開iいた場所で、最初の住人は N.J.Whitfield。 1899 年に来て、土地1エーカーを$1で買い、 1903 年に、南側 100feet を、the Choctaw、Oklahoma and Texas (後の Rock Island) Railroad に売った。
同年 A.M.Miller と Howard Trigg が Vega の調査をした後、すぐに Miller はショップ、郵便局、サロン、Masonic Lodge を兼ねた学校等を作った。これが町の始まり。

1907 年、牧場主の Patrick と John Landergin は L.S.Ranch の一部の土地を買い、 翌年、銀行を設立。鉄道が敷かれてから Vega は繁栄し始める。
近くの Tascosa の町は 1880 年に Oldham County の議席に認定されるほどだったが、Vega が大きくなったので、 住民投票で、1915 年に Vega に合併されるとすぐに、裁判所が出来、郡が Vega’s Oldham Hotel を始め、電話サービスも1920 年代に導入された。

1926 年 Route 66 が、開通すると、関連ビジネスが次々と出来たが、 1970 年代にバイパス I-40 が出来ると、他の町と同じように寂れていき、そのままの状態が今も。
だけど今、過去の栄光をもたらした道の歴史とノスタルジーを楽しみたい人達は、バイパスではなく、 Route 66 をゆったりと走って、Vega を楽しむ。
Route 66 ブログはこちら

    穀物エレベーターが目印。のどかな田園風景が広がる町                      2013年9月撮影

    ランドマークでもある給水塔              2013年9月撮影
 
■ ■ Vega Motel ■ ■
1005 Vega Blvd. Vega TX   関連HP はこちら
アメリカとテキサスの全盛期の初期、レジャーと旅行がブームとなり始めた 1947 年に、Ervin Pancoast が Route 66 沿いに建てたモーテル。最初の名前は Vega Court で、2 棟に 12 室の部屋と、中庭の真ん中に小さな家を建て、自宅とオフィスにした。
彼は翌年結婚。それから約十年間は Route 66 の通行も多く、 1953 年に8 室を増築、 1964 年には、当時流行していた Perma-Stone の外壁に変えるほど繁盛していた。

1950 年代、60 年代には、Route 66 の旅行者は多かったが、 一方ではより早く目的地に着きたい、という要望もあり、 国道の計画が進められ、バイパスである I-40 が 1970 年代の初めに完成。急激に町は寂れ、この影響で、1976 年にモーテルは売られた。
その後のオーナーはそのまま経営を続けており、 今では Texas の草原の小さな町の中で、今だに全盛期のスタイルをそのままにして営業している稀な例の一つとなっている。
the National Register of Historic Places に登録
Route 66 ブログはこちら

2013年9月撮影
 
■ ■ Bonanza Motel ■ ■
607 Vega Boulevard Vega, TX ( Vega Motel の隣) HPはこちら
1950 年代からのモーテル。しばらくは廃墟となっていたが、 2005 年に再オープン。 モダンで新しいシステムを導入し、人気となっている。 昔からの大きな看板も有名。
Route 66 ブログ はこちら

    2013年9月撮影
 
■ ■ Magnolia Gas Station ■ ■

Courtesy of Daniel
http://www.takemytrip.com
HP はこちら
1924 年に建てられた Vega で 2 番目に古いガソリンスタンド。 すぐに Route 66 が開通したので、繁盛していた。 数十年営業した後、理髪店になり、人気だったが、 1970 年代に I-40 が出来ると、店は閉じられ、その後約 30 年間、廃墟となっていた。

かなり荒廃が進んでいたが、建物の素晴らしい価値を残すために、 2001 年、 the National Park Service Route 66 Corridor Preservation Program に修理費用の基金を要請、地方の建設業者やボランテイアの協力によって、改修工事が進められ、2004 年 8 月に完成。 商工会議所は古い写真やガソリンスタンドの備品等の展示物を置いて、ビジターセンター & Museum とした。 当時を見事に再現した素晴らしい改修工事のお陰で、今では旅行者や地元の人達がたくさん訪ねてきている。
Route 66 ブログはこちら
■ ■ Vega Courthouse(裁判所) ■ ■
385 N. Main St. Vega   関連 HP はこちら
以前町の中心だった Tascosa に 1884 年に出来た Courthouse があったが、 1915 年に 町が Vega へ吸収合併される際、Vega に新しく作られた Courthouse。
建築家 O.G.Roquemore の設計で、クラシカルリヴァイバル様式で建てられ、 郡そして周辺地域の裁判所としての役割を担っていた。 1967 年、屋根の形の変更他の改修を行い、 その後も数回の改修で、北側に増築、南側に刑務所を作って今の形となった。

   Photo courtesy of ”The Road Wanderer”
   http://www.theroadwanderer.net/index.htm

ちなみに 1884 年創設の Tascosa の Courthouse は、 1939 年からJulian Bivins Museumとなって、子どもたち育成の為の施設となっている。
Route 66 ブログはこちら
 
■ ■ Hickory Inn Cafe ■ ■
1004 Vega Blvd.
Vega Motel から、Route 66 を挟んでお向かいにある 美味しい料理を出してくれるカフェ。 テキサスの中では超おすすめ! 地元の農家や牧場の人達、友達、ご近所さん達、旅行者達が コーヒーや美味しい朝食、スペシャルランチ、ホームメイドパイなどを目当てにやってくる。特にご自慢のピザは人気!
Jeff と Amy Pitman がオーナーの家族経営で、いまだに健在で、営業し続けている。
Route 66 ブログはこちら

           2013 年 9 月撮影

               2013 年 9 月撮影
 
■ ■ Rooster ■ ■
1300 Vega Blvd. Vega TX
小さくて素朴なメキシコ家庭料理レストラン。 元々は地域で知られた Route 66 沿いのガソリンスタンド「the Nell Shell Station」だった。
真ん前の Route 66 だけでなく、I-40 を通る車にも目立つように、 派手なペンキで塗った大きなおんどりがお店の前に立っている。 リーズナブルで、火曜日にはハッピーアワーもやっている。
Route 66 ブログはこちら

2013年9月撮影
■ ■ Dot's Mini Museum ■ ■
12th W Main(地名はOldham) Dot が長年かかって、Route 66 沿いで集めたものや Route 66 の記念品を展示している Museum。Old Route 66 沿いにあり、年中無休。
最初やっていた日用品、食料品店が潰れ、 その後、1941年からDotが集めていた雑貨のコレクションを見せるMuseumを開いた。 彼女はもういないけれど、娘のBettyが後を引き継ぎ、彼女のスピリットと Mini Museum はずっと生き続けている。
Route 66 ブログはこちら

Photo courtesy of ”The Road Wanderer”
http://www.theroadwanderer.net/index.htm
■ ■ Boot Hill Saloon & Grill ■ ■
909 Vega Blvd. Historic Route 66 Vega TX  HP はこちら
Food Network の Popularity Contest で殿堂入りしたシェフ Rory Schepisi がオーナーで、大人気。 1800 年代に戻り、Tascosa (昔の町の中心地)の Wild West の雰囲気を体験させてくれるテキサススタイルの大きなレストラン。 ジューシーなステーキとテンダーリブ、1/2ポンドのアンガーハンバーガー他, Boot Hill の為に Rory が作ったスペシャルメニューが食べれるし、 CMT の Popularity Contest に似たショーをやっている
Route 66 ブログ はこちら

     2013年9月撮影
 
<<WEST EAST>>
Texas  2014/08/15  route66jpinfo