Route 66 in Arizona
 
= Holbrook =
<<WEST EAST>>
Navajo County  HPはこちら  wikipediaはこちら
1881年the 「Atlantic & Pacific Railraod」は Horsehead Crossing として知られている地域に鉄道を通した。 その数年後に駅が作られ、小さな居住地の名前は 鉄道のエンジニアのトップ H.R.Holbrook を称えて付けられ、 1年後には郵便局が出来た。

町は最初カウボーイ、牧場主、鉄道作業員らのたまり場となり、 すぐに典型的な荒れた西部の町と化し、法と秩序は無いも同然で、ギャンブルは人気だったし、たくさんの売春婦達もいた。
しかしその後次第に北 Arizona の流通の中心地となり、牛、羊、ウール等が鉄道で出荷も好調で、1884年「Holbrook Times」の初刷が発刊され、活気ある町となっていた。
1884年にアメリカで2番目に大きい牧場「Hashknife Outfit」が営業を始め、60000頭の牛と1000人のカウボーイが働くことになって、またしても荒れ放題となり、 1914年までは教会も無く、当時絞首刑のなされているアメリカで唯一の町と言われていた。

 

東側の町の入口近くに立つ給水タンク
2013年9月撮影

Route 66 が通る1926年までには,、どうにか無法者達の時代も終わり、 Route 66 の旅人達が安心して宿泊できる良い町となった。 特にここは化石の森、インデイアン居留地、Painted Desert に近い事で、 今では旅行業が大きな産業となっている。
Route 66ブログはこちら
■ South Central Avenue Commercial Historical District ■
119 S. Central Ave.
I-40を降りたら、全盛期の面影をそのまま残している Route 66 である Central Ave.。ここには今も営業中、又は廃墟となった旅行者の為の Trading Post、古いカフェ、カラフルなモーテルなどが並んでいる。
the National Register of Historical Places に登録

  2013年9月撮影
■ ■ Wigwam Village Motel ■ ■
811W. Hopi Dr.  1950年〜  HPはこちら
Route 66 の終焉以降も生き延びた名物 Motel。 1938年、E.Lewisは、Kentucky Cave City で見た1937年に建てられた元祖のWigwam Village のユニークさに感動。 すぐに1936年〜1950年代の間に建てられた7軒中の 6番目の Holbrook の権利を買い、Motel をオープンした。

15部屋の鉄筋コンクリートの teepee は、Main Office の周りに配され、 それぞれの teepee は21feetの幅の床と 28feet の高さ。 部屋にはオリジナルの手作りのヒッコリー家具が備えられ、 洗面台、トイレ、シャワーがある。 それぞれの入り口前には Mr.Lewis 所有の Studebaker を含む Vintage Car が置かれ、Main Office の正面にはガソリンポンプがある。

Mr.LewisはMotel 経営で成功していたが、 1970年代後半、I-40でバイパス化されるや、難しくなり、 資産の大半を売って、残った所でガソリンを売っていた。
Mr.Lewis が亡くなって2年後、彼の妻と子供達は資産を買い戻し、1988年に Motel を再オープン。ガソリンポンプを動かし、Main OfficeをMuseum に変え、一般公開。 Museum には Indian の工芸品や南北戦争の遺品、Route 66 関連の品、化石等のMr.Lewis のコレクションがある。「Arizona State Historic Preservation Office」も兼ねている。

ここはthe National Register of Historic Places に登録。 又2002年、2003年、2007年、the NPS Route 66 Corridor Preservation Program から「Cost-Share Grants」を受けている。
7ヵ所の元々の Wigwam Village Motel は、Kentucky Cave City の#2と、 Rialto/San Bernardino, California. の#7、そしてここ #6 だけが残っている。
Route 66ブログはこちら

            Main Office
              2013年9月撮影

         各部屋の入口には vintage Car が
               2013年9月撮影
■ ■ Navajo County Courthouse  ■ ■
Courthouse Sq. northeast corner of East Arizona St and Navajo Blvd., Holbrook,
関連HPはこちら
1898年に出来たダウンタウンの郡裁判所。 今では「Holbrook Visitor Center and Museum」として機能していて、 当時の部屋と前史時代の人工の物、そして無法の開拓時代から現代までの流れをたどった展示で、 西部地域の歴史の一部を体験することが出来る。 2階には装飾を施した金属の天井の裁判所の法廷、そしていくつかの改装されたオフィスがある。 階下には土牢のような刑務所も。 商工会議所のオフィスでもある。
the National Register of Historic Places に登録
Route 66 ブログはこちら
 

       裁判所だったとは思えないおしゃれな外観
               2013年9月撮影

     中には法廷がそのまま残されていて
             2013年9月撮影
■ ■ the Roxy Theater  ■ ■
153 W Hopi Dr Holbrook,AZ
1936年5月にオープン。
オープニングの映画は Gary Cooper の「Mr.Deeds Goed To Town」だった。 364席の劇場で、建設を請け負ったのは Whiting Bro. だが、建築家は不明。 内装は L.A.のScenic Studios の Nat Smythe によるもので、 PhoenixzのL.CaldwellとHarry Nace が共同出資で建てた。
L.Caldwellは、運営していた Liberty Theater が1935年の火事で焼けてしまったので、劇場がオープンしてまもなく、Harry Nace に全持ち株を売った。
今の The Roxy Theater は、改装して1954年に327席で、オープンしたが、1994年に閉館。その後再生プロジェクトで改装して、2003年に再オープンした。
Route 66 ブログはこちら

                2013年9月撮影
 
    ■ Joe & Aggie's Cafe ■

             2013年9月撮影
       ■Romo's Cafe■

             2013年9月撮影
Route 66 ブログはこちら
 
 ■World's Famous Winner Circle Bar■

       エクステリアがおしゃれ!
             2013年9月撮影
 ■Pow Wow Trading Post■

      この看板は有名
     Route 66 ブログはこちら

           2013年9月撮影
   ■ Scotty & Son's Garage ■

       ブルーの色がひときわ目を惹く。
              2013年9月撮影
      ■ Rocks ■

     石屋さん。ここには恐竜がたくさんいます。
              2013年9月撮影
 
♪ この町の壁画も素晴らしい! ♪

   長い長い塀に長い長いRoute 66を書き込んで。
       2013年9月撮影


      2013年9月撮影

<<WEST EAST>>
Arizona  2014/07/30  route66jpinfo